合気道とは

創始者 植芝盛平翁先生(1883~1969)が日本伝統の武術の奥義を究め、更に厳しい精神的修行を経て創始した現代武道です。  

「合気道をもって全世界の人々が手を握り合い、人類の平和を1日も早く達成する」

と言う理念の基に和の武道として道を開いたものであります。


光道場では

合気道の受け身や基本技を中心に、力で争い合わないぶつからない姿勢を大切にした笑顔の絶えない楽しい健康道場として日々合気道の稽古を行なっております。

自宅の一部を開放してひらいた道場です。地域の方々との交流や青少年への育成を通して人を思いやり共に支え合える勇気や労わる心をもてる強さを合気道の稽古を通して育てたいと考えています。


会員の独り言・・・

2017夏

合気道の合宿感想

初めての合宿でどんな感じになるのか、ちょっぴりの不安とたくさんの楽しさでいっぱいでした。

じっさいに合宿が始まると楽しさがさらに上昇し、楽しくなってきました。
合宿で一番心に残ったことは、大人などやったことのない人と合気道ができたことです。
大人の人たちは優しくしてくれたのでとてもやりやすかったです。
そして技も、だんだんと上手になってきました。
それ以外にもいろいろな思い出があります。
例えば、みんなで遊んだプール、合気道のお話、カードゲームなど、とても楽しかったです。

今度合宿に行くときは、大人の人たちと合気道を深く学び、もっと楽しい思い出ができる合宿にしていきたいです。
ありがとうございました。

小学生 男子

2017春

今回は、私にとって5回目のカレーパーティーでしたが、今まで食べたカレーの中で1番美味しかったです!最高でした!!
美味しいカレーを食べてる絵
カレーパーティーはカレーを食べるだけではなく、来年度から中学生になる6年生の卒業パーティーでもあるのです。6年生のみんなは、この日のために、一生懸命練習をしてきました。その練習の成果を、卒業演武で発揮できていたと思います。その演武を見て、すごいなぁ、自分もあぁいう風になりたいなぁと、思った子はたくさんいたはずです。
私も、さすがは6年生!!と思いました。

カレーパーティーは、カレーを食べて楽しみ、そしてさらに演武をすることで、皆がもっと合気道やりたい、楽しみたい、という気持ちを湧き出させるとても良い企画だと私は思います。私は皆が中学生や高校生、そして大人になっても、合気道を続けてくれることを信じています。

来年のカレーパーティーも楽しみにしています。

中学生 女子


2016冬

今年も残りわずかとなりました。落ち葉が目立ってきた街路樹は、秋から冬へと移りゆく季節の変わり目を教えてくれます。
荒川合気会・光道場では、会長でもある酒井光雄先生のもと今日も稽古に励んでいます。


「もっと力を抜いて〜。もっと柔らかく」

稽古中の酒井先生の口癖です。

 

“武道なのに力を抜く?柔らかく?”

“武道は力を持って制するものでないか?”


でも先生の前では、たちまちその“矛盾”が成立してしまう。

不思議ですよね。だからこそ、すごく面白い。

何度も、何度も繰り返し行われる型稽古の中に、色んな発見があり、

その発見が、生活や職場においても活かせたりと、合気道にはそんな奥深さがあります。


さて、今日も何か発見できるかな。

30代 男性


連絡先

  • ご質問 お問い合わせなども、受け付けております。お気軽に連絡ください
    E-mail hikari_doujo@yahoo.co.jp 

  • お急ぎの場合はTEL03-3895-2217 までご連絡ください

アクセス

入り組んだ細い道が多いので、道場までの道順わからなくなってしまった方は

お気軽に連絡ください。 TEL 03-3895-2217 酒井まで